愛知・名古屋の産業医求人をお探しの方へ!

愛知・名古屋の産業医求人を探す

日本の三大都市圏の1つ名古屋は、愛知を中心に広がる中京工業地帯の一角をなし、製造業を中心に日本を代表する企業の事業所や工場が立地しています。鉄鋼業や造船業といった重工業が発達し、自動車関連の部品工場、化学工場、食品加工業の工場も多い地域です。そのため、産業医の雇用が多い地域となっています。もし産業医として活躍したいと考えている医師であれば、自分の可能性をさらに広げられる地域といえるでしょう。愛知には、豊田市を中心とした自動車工業が盛んな地域があり、部品メーカーなどの関連企業が数多く立地している地域があります。

1000人を超える従業員を抱える事業所もあるため、産業医の雇用が課題となっている企業さえあります。名古屋圏や愛知全体において産業医が活躍する場はさらに広がりを見せており、全国的に見ても就職しやすい地域の一つとなっています。それでも、有効求人倍率は非常に高く、依然として狭き門となっている状況が続いています。大手メーカーの従業員として雇用されるため、福利厚生などの待遇が充実していることも人気の理由です。報酬もかなり高いため、ハードな勤務形態で知られる病院勤務から産業医へとシフトする動きも見られます。

愛知県の産業医の平均的な待遇を見てみると、名古屋地域における待遇が目立って良い条件となっていることが浮き彫りになっています。もし高報酬を希望するなら、名古屋での求人を探すとよいでしょう。報酬面での待遇を見てみると、平均的な報酬は800万円から1800万円と病院勤務と同じかそれ以上の報酬が得られます。これまでの経験や実績により、報酬は前後するものの、スキルアップを目指したい医師にとっては好条件と言えるでしょう。福利厚生面を見てみると、週休二日制はもちろんのこと、夏と冬の休暇に加えて春と秋に休暇が設けられている企業もあります。当直での勤務が当たり前の病院勤務に比べると、負担がはるかに軽くなっているのがわかります。

厚生年金や社会保険、労災や雇用といった保険に加えて各種手当が充実しているのも産業医の特徴です。企業の福利厚生施設を利用できたり、企業年金や財形貯蓄などの制度が利用できたりするのも企業の従業員ならではの福利厚生といえます。仕事探しを考えている場合には、転職エージェントのサポートを借りるとよいでしょう。報酬の高い企業での勤務希望や、有給消化率の高い企業での勤務など希望に合わせた求人を紹介してもらえます。

愛知・名古屋の産業医求人情報を探すならこのエージェントがオススメ!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<リクルートドクターズキャリアの良い所>>
  • プライバシーマークを取得しているので個人情報の取り扱いは徹底管理されています。
  • リクルートグル―プの運営だから実績と信用でトップクラスの求人数10,000件が常時あります。
  • 厚生労働大臣の認可を取得している企業なので募集のある施設も安心感があります。
  • ■公開している倍の非公開求人があるので、高条件の転職が可能となります。
  • ■煩わしい履歴書や職務経歴書の書き方も医療用にアドバイスをもらえるので頼りになります。
  • ■サイトでは「今すぐ使える医療英会話」や「転職ポイント」など有益なサービスを提供しています。
  • ■医師に特化した転職紹介サービスを開始して30年以上の実績が転職の成功を裏付けます。
  • ■今までの経験や希望条件に合わせて10,000件以上の求人から探すので確かなマッチングができます。
リクルートドクターズキャリア申込み
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国
  • <<エムスリーキャリアの良い所>>
  • エムスリーキャリアなら登録後最短2週間で入職が可能なので急ぎの転職も理想どおり。
  • ■コンサルタントの交渉力が高いから、希望以上の条件にたどりつきやすい。
  • ■公開求人だけでなく登録すれば優先的に紹介してくれる高条件の非公開求人を数多くあります。
  • 医師の登録数が20万人以上と多く、3か月連続で登録数第1位を記録しています。
  • ■忙しい医師に合わせて面談は家や仕事場など希望の場所を設定してれます。
  • ■年収アップや60歳以上という条件でも特徴別に求人が探せるからわがまま転職ができます。
  • ソニーグループが運営しているから情報が豊富で求人数も多いので仕事が見つかりやすいです。
  • ■時間の制限があるママさん医師の登録者も多く、当直や残業なしでも探せます。
エムスリーキャリア申込み

© 2012-2017 産業医.jp