常勤の産業医求人をお探しの方へ

常勤の産業医求人を探す!

産業医とは、会社や事業所においてそこで働く社員たちの健康管理についての指導・アドバイスを行う医師のことです。数年前より過労やうつ病患者の増加に伴って、体調を崩す方が増えたことにより、国は一定規模の企業に関しては産業医を置くことを義務付けるようになりました。その影響で産業医の需要が増えており、今後もしばらくはその需要が続くと見込まれています。

産業医は医師免許を持っていれば誰でもなれるものではなく、所定の条件を満たす必要があります。医師になるためには医学部で6年間必要な知識を学び、実習を経て医師免許の国家試験を受けて合格しなくてはいけません。さらに産業医として働くためには、医師免許のほかに厚生労働省が認めた条件を満たす必要があるのです。一つは厚生労働省が定める産業医研修を受講することです。この産業医研修は日本医師会が認定する基礎研修会のことであり、産業医の認定を受けるのに必要な単位分、講習会に参加する必要があります。日本医師会だけでなく、医学過程を持つ大学にて産業医に関連する講座を開講していますので、そこで必要な単位を取得することも可能です。

他にも労働衛生コンサルタントという資格を取得して、産業医として認定される方法もあります。労働衛生コンサルタントにもいくつか種類がありますが、その中でも保健衛生の分野にて合格をすることで、産業医として働く資格が得られるのです。

また大学にて労働衛生分野を教える立場にある准教授や、教授の立場にあるもしくはかつて従事していた方に対しても、産業医として働く資格が得られます。産業医を志す場合は、まずは自分自身が産業医として働ける資格があること、もしも持っていない場合は何等かの手段にて産業医の資格を取ることが先決となります。

産業医の求人情報を探す時は、さまざまな手段が考えられます。しかしながら一般の病院やクリニックの勤務と比べてみると、求人件数は圧倒的に少ないのです。医師不足が新聞やテレビにて叫ばれているため、病院、クリニックの求人は多く見つかりますが、産業医に関しては一企業に対して1人もしくは2人の採用となってしまうため、採用自体が非常に少ないのです。

効率よく産業医の求人を探す方法として、転職エージェントに登録すると言う手段もあります。医師の仕事は忙しく、通常勤務と並行して転職活動を行うのは大変です。勤務地などの希望をコンサルタントに伝えることで、あなたの代わりに求人情報から適切な産業医の求人を探してくれます。

産業医の常勤求人を探すならこの転職サイトがオススメ!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<リクルートドクターズキャリアの良い所>>
  • プライバシーマークを取得しているので個人情報の取り扱いは徹底管理されています。
  • リクルートグル―プの運営だから実績と信用でトップクラスの求人数10,000件が常時あります。
  • 厚生労働大臣の認可を取得している企業なので募集のある施設も安心感があります。
  • ■公開している倍の非公開求人があるので、高条件の転職が可能となります。
  • ■煩わしい履歴書や職務経歴書の書き方も医療用にアドバイスをもらえるので頼りになります。
  • ■サイトでは「今すぐ使える医療英会話」や「転職ポイント」など有益なサービスを提供しています。
  • ■医師に特化した転職紹介サービスを開始して30年以上の実績が転職の成功を裏付けます。
  • ■今までの経験や希望条件に合わせて10,000件以上の求人から探すので確かなマッチングができます。
リクルートドクターズキャリア申込み
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国
  • <<エムスリーキャリアの良い所>>
  • エムスリーキャリアなら登録後最短2週間で入職が可能なので急ぎの転職も理想どおり。
  • ■コンサルタントの交渉力が高いから、希望以上の条件にたどりつきやすい。
  • ■公開求人だけでなく登録すれば優先的に紹介してくれる高条件の非公開求人を数多くあります。
  • 医師の登録数が20万人以上と多く、3か月連続で登録数第1位を記録しています。
  • ■忙しい医師に合わせて面談は家や仕事場など希望の場所を設定してれます。
  • ■年収アップや60歳以上という条件でも特徴別に求人が探せるからわがまま転職ができます。
  • ソニーグループが運営しているから情報が豊富で求人数も多いので仕事が見つかりやすいです。
  • ■時間の制限があるママさん医師の登録者も多く、当直や残業なしでも探せます。
エムスリーキャリア申込み

© 2012-2017 産業医.jp