神奈川の産業医求人を探すなら!

神奈川の産業医求人を探すなら!

神奈川は横浜市や川崎市といった経済の中心エリアといえる大都市を抱えていると共に、東京と隣接しているため経済や物流などで深いつながりがあります。このような地域特性があることから、エリア内には大企業の本社・支社をはじめとして、数多くの企業が事業所を構えていますし、製造や物流の拠点を設けているので、産業医が活躍する場所も数多くあります。その為、他の地域と比較して産業医の求人を探しやすいエリアと言えます。ただし、一般的な医師の求人と比べると求人情報が少なくなる点は他の地域と同様で、神奈川の産業医求人を探すなら、このような状況にあることを理解しておく必要があります。

神奈川における産業医求人の傾向と動向ですが、先に触れたように大企業の本社や支店が多いエリアなので、常勤や専属の産業医求人も探すことが可能という点が特徴としてあります。産業医の需要は全国的に見ても少しずつですが増える傾向にあるのですが、その一方で常勤や専属で雇用できるほどの経済的な余裕がない企業が多いことから、どうしても非常勤や嘱託といった求人が多くなっています。その為、常勤や専属と違って不安定な雇用環境で働くことを余儀なくされてしまいがちですが、常勤や専属の産業医求人が探しやすいとなれば大きな期待が持てます。

産業医は基本的に企業に雇用されることになるので、企業の従業員として扱われるために企業の従業員と同様の雇用環境を手にすることができます。その為に、休暇制度の利用やレジャー施設の優待利用などといった福利厚生が充実している点が魅力になります。また、保育所の整備や短時間勤務制度の導入などが図られているケースが多いので、女性医師も勤務しやすい環境が整っているといったメリットもあります。神奈川の産業医求人を探すなら、このような点に対しても目を向けて検討すると良いです。

ただし産業医求人の収入に関しては高収入が期待できそうですが、平均年収は約1000万円〜1200万円程度です。ビジネスマンからすると羨む程の高収入といえますが、医師としては低いレベルになってしまいます。しかし、病院など医療機関で勤務する医師と違って、比較的余裕のある勤務になるので、その点を考慮するとある程度納得できる収入が得られると言えます。また、先に触れたように福利厚生など収入以外の環境面を踏まえながら判断することも必要です。神奈川の産業医求人を探すなら、こうした事柄についても理解して求人情報をチェックしてみると良いです。

産業医の求人を探すならこの転職サイトがオススメ!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<リクルートドクターズキャリアの良い所>>
  • プライバシーマークを取得しているので個人情報の取り扱いは徹底管理されています。
  • リクルートグル―プの運営だから実績と信用でトップクラスの求人数10,000件が常時あります。
  • 厚生労働大臣の認可を取得している企業なので募集のある施設も安心感があります。
  • ■公開している倍の非公開求人があるので、高条件の転職が可能となります。
  • ■煩わしい履歴書や職務経歴書の書き方も医療用にアドバイスをもらえるので頼りになります。
  • ■サイトでは「今すぐ使える医療英会話」や「転職ポイント」など有益なサービスを提供しています。
  • ■医師に特化した転職紹介サービスを開始して30年以上の実績が転職の成功を裏付けます。
  • ■今までの経験や希望条件に合わせて10,000件以上の求人から探すので確かなマッチングができます。
リクルートドクターズキャリア申込み
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国
  • <<エムスリーキャリアの良い所>>
  • エムスリーキャリアなら登録後最短2週間で入職が可能なので急ぎの転職も理想どおり。
  • ■コンサルタントの交渉力が高いから、希望以上の条件にたどりつきやすい。
  • ■公開求人だけでなく登録すれば優先的に紹介してくれる高条件の非公開求人を数多くあります。
  • 医師の登録数が20万人以上と多く、3か月連続で登録数第1位を記録しています。
  • ■忙しい医師に合わせて面談は家や仕事場など希望の場所を設定してれます。
  • ■年収アップや60歳以上という条件でも特徴別に求人が探せるからわがまま転職ができます。
  • ソニーグループが運営しているから情報が豊富で求人数も多いので仕事が見つかりやすいです。
  • ■時間の制限があるママさん医師の登録者も多く、当直や残業なしでも探せます。
エムスリーキャリア申込み

© 2012-2017 産業医.jp