産業医のバイト求人をお探しの方へ

大企業の産業医求人を探す!

法律が改正されて、一定規模の企業には産業医を置くことが義務付けられるようになりました。日本で大企業に属する企業の多くが法律で定められた条件に該当するため、産業医を専属で雇って従業員の健康管理に努めています。

医師の仕事は高収入だと思われていますが、その仕事は私たちが想像している以上に激務です。一部を除いて多くの病院やクリニックにて医師が不足しているため、医師一人当たりにかかる負担がますます大きくなっているのです。おまけに人の命を扱うため、仕事のあるときは深夜早朝でも土日祝日でも常に緊張感を強いられながら仕事を行っているのです。

そのため医師たちにとって決まった日に休みが取れる、当直のない産業医の仕事はとても魅力的です。企業に直接雇われる形となるため、その企業の一社員として勤務できます。大企業の場合は企業規模1000人に対して一人の産業医を置くことが義務付けられているため、大企業とはいえども産業医の募集人数は少ないのです。また大企業の割合自体が少ないため、常勤として大企業に勤務を希望する場合は、かなり狭き門となります。常勤の産業医として働く意志があるなら、それなりの準備と心構えが必要です。医師免許を持っていれば産業医として働けるのではなく、労働衛生に関する適切な知識を持っていることが求められます。

研修を受ける、該当する資格を取るなどして産業医として働くための条件をクリアする必要があります。また企業で働くということは、今まで働いていた病院やクリニックでの仕事とは環境が全く異なりますので、その点についても理解しておかないと周りと上手く調和して産業医としての職務を遂行することが難しくなります。医師として勤務していたころは、自分が中心となって患者の治療に従事していたかもしれませんが、産業医は主に従業員の健康管理がメインの仕事になります。ある程度の医療措置は施すことができるのですが、率先して自分が治療に専念することは難しくなるため適切な病院やクリニックを紹介して、従業員に治療に専念してもらうことになります。その点の立場や仕事内容を把握しておかないと、理想と現実のギャップに苦しむことになります。

大企業の産業医は募集人数も少なく、一度産業医として働くようになったらなかなか辞めることも少ないため、求人自体を探すのがとても難しい状況です。しかもそういった求人は転職エージェントにしか公開されていなことがほとんどです。産業医の求人を探すなら、転職エージェントに登録しておいた方が転職先を見つけやすくなります。

<大企業の産業医求人一覧>
・Googleの産業医求人を探すなら
・パナソニックの産業医求人を探すなら
・NTTグループの産業医求人を探すなら
・電通の産業医求人を探すなら
・ブリヂストンの産業医求人を探すなら
・デンソーの産業医求人を探すなら
・ディズニーの産業医求人を探すなら
・トヨタの産業医求人を探すなら
・NECの産業医求人を探すなら
・NHKの産業医求人を探すなら
・野村証券の産業医求人を探すなら

大企業の産業医求人を探すならこの転職サイトがオススメ!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp