宮城・仙台の産業医求人を探すなら!

宮城・仙台の産業医求人を探すなら!

宮城県には数多くの医療機関があって東北エリアで病院数が最も多い県で、しかもその半数が仙台市に集中しています。このことから仙台市では医師の求人が多いと考えがちですが、実際は医師の求人自体は決して多くないのです。そのような状況にありますが、市内でもエリアによっては専門性を活かせる募集もあって、特に精神科のニーズは高い傾向にあります。本来なら居住している場所を考慮して求人情報を探すことになるのでしょうが、様々な病院があるのでエリアを絞らずに広い範囲で検討した方が求人募集は見つけやすいでしょう。

また病院勤務ではありませんが、宮城県仙台市内で産業医求人を探すという選択肢もあります。医療機関が多いことでも分かるように、東北エリアにおける経済の中心になっているのが宮城県で、その中でも仙台市は中心都市ですから様々な企業が拠点を設けています。比較的規模の大きな企業も多くあるので、産業医として活躍できる機会もあると考えられますし、東北エリアの中では最も恵まれた環境にあると言えます。ただ、それは東北エリアの他の地域と比較して言えることであって、宮城・仙台の産業医求人を探すなら極稀にしか見かけられない希少求人と考えておく必要があります。

また産業医と一口に言っても、業務内容や待遇は雇用または契約する企業によって大きく違ってくるものです。いくつかの求人情報をチェックしてみると分かりますが、メンタルヘルスに重点を置いた業務になる企業もあれば、従業員の健康維持に労働環境が相応しているのかをチェックする業務が求められる場合など様々です。このようなポイントを踏まえた上で宮城・仙台の産業医求人を探すなら、提示されている求人情報の内容をしっかりと確認する必要があります。特に待遇や具体的な仕事内容に関しては、詳細にチェックして自分が産業医として活躍できるのかどうかを判断することも大事です。

収入に関しては、病院勤務なら年収が2000万円を超えることも少なくない状況ですから、産業医の平均年収が約1000万〜1200万円程度では低めと感じられます。しかし、病棟勤務と比較してゆとりのある環境で勤務することが可能なので、業務内容を考えると劣ると一概には言えません。また、単に提示される年収だけではなくて、福利厚生などの条件も考慮して適切な年収かどうかを判断することも大切です。宮城・仙台の産業医求人を探すなら、このようなことを意識して少ない情報の中から最適な求人情報を探すと良いです。

産業医の求人を探すならこの転職サイトがオススメ!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<リクルートドクターズキャリアの良い所>>
  • プライバシーマークを取得しているので個人情報の取り扱いは徹底管理されています。
  • リクルートグル―プの運営だから実績と信用でトップクラスの求人数10,000件が常時あります。
  • 厚生労働大臣の認可を取得している企業なので募集のある施設も安心感があります。
  • ■公開している倍の非公開求人があるので、高条件の転職が可能となります。
  • ■煩わしい履歴書や職務経歴書の書き方も医療用にアドバイスをもらえるので頼りになります。
  • ■サイトでは「今すぐ使える医療英会話」や「転職ポイント」など有益なサービスを提供しています。
  • ■医師に特化した転職紹介サービスを開始して30年以上の実績が転職の成功を裏付けます。
  • ■今までの経験や希望条件に合わせて10,000件以上の求人から探すので確かなマッチングができます。
リクルートドクターズキャリア申込み
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国
  • <<エムスリーキャリアの良い所>>
  • エムスリーキャリアなら登録後最短2週間で入職が可能なので急ぎの転職も理想どおり。
  • ■コンサルタントの交渉力が高いから、希望以上の条件にたどりつきやすい。
  • ■公開求人だけでなく登録すれば優先的に紹介してくれる高条件の非公開求人を数多くあります。
  • 医師の登録数が20万人以上と多く、3か月連続で登録数第1位を記録しています。
  • ■忙しい医師に合わせて面談は家や仕事場など希望の場所を設定してれます。
  • ■年収アップや60歳以上という条件でも特徴別に求人が探せるからわがまま転職ができます。
  • ソニーグループが運営しているから情報が豊富で求人数も多いので仕事が見つかりやすいです。
  • ■時間の制限があるママさん医師の登録者も多く、当直や残業なしでも探せます。
エムスリーキャリア申込み

© 2012-2017 産業医.jp