産業医の現状は?

産業医の現状は?

開業医や勤務医の中にも、産業医になりたいという医師が多くなっています。産業医の有資格者数を見ると、実に約7万人を超える数字となっていますから、その人気の高さがよくわかりますね。医師免許取得者数は2006年で約26万人。となると、1/4の確率で産業医の資格を取得している医師がいるという計算になります。

大企業の専属の産業医として働く医師は少なく、転職の競争率も高いです。一般的に、産業医としての働き方は?というと、嘱託という形での働き方がほとんどです。通常、勤務医、開業医という形で働き、日々病気で調子が悪くなっている患者さんと向き合い治療を施しています。産業医と比べると、業務内容が全く違います。病気になっている人を診察し治療するという開業医や勤務医。病気にならないように予防管理をし、未病で病気を発見していく産業医。全く違う業務なのに、医師が産業医へ魅力を感じているのはなぜなんでしょう。

現在の産業医の現状を見ていると、企業側はかなり比重を重く考えていることがわかります。一般的な勤務医などの給料とさほど大きく違うことのない産業医。治療にかかる時間や残業、そのほかのことを考えても開業医や勤務医のほうがかなり激務となるはずなのに、給料がかなり違うということはなく、こうしてみると、産業医のほうが現状もずっと恵まれた環境にあるということがわかります。

その中で、週1回、研修日を設けて技術習得やその他の医療機関へ仕事に行くわけですが、この週1回の機会に、嘱託として企業へ出向くという産業医の方が非常に多くなっているのです。

以前は嘱託で十分と考えていた企業も、メンタルヘルスの関係や健康管理といった面で、専属の産業医をやとう方向で動いているという企業も少なくありません。専属の産業医を持たなくてもいいという企業にとっても、現在、専属の産業医を配属させたいと願うところは多くなっています。人間関係が複雑になり、企業内でも精神的原因によって病気になってしまうという人は少なくありません。また、企業内での人間関係などの悪化によって精神的疾患となり、家族から訴えられるということも少なくありません。

産業医などを元から配置し、企業の中でのメンタルケアをしっかり行うことで、従業員の健康管理などもトータルでできるようになると考える企業が多くなっているのです。嘱託から専属へ、産業医が常に待機し、業務時間の改善や企業環境改善を専門的に行ってくれたら・・・ そう考える事業主が多くなっている以上、現状以上にこれから先、産業医への希望が多くなっていくのでしょう。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp