英語を使える産業医は有利?

英語を使える産業医は有利?

さまざまな世界でグローバル化が進んでいますね。学生たちが就職活動を行う上でも、ネイティブな英語力があるほど、就職先が幅広くなるといわれています。英語は、世界共通語であり、これからは日本でももっともっと重要で、自分のステイタスになっていくものでしょう。

医療の世界でも英語ができるできないということはかなり大きなポイントになります。通常の勤務医や開業医の場合、それほど大きな問題になることはないと思いますが、産業医、特に企業の専属産業医となりたいと考える方、嘱託の産業医をしたいと考えている方には、英語力があるかないかということが重要なことになっていきます。

今、日本では外資系の企業がかなり多くなり、外資系の企業ほど、産業医に対する理解が大きい企業です。海外では、昔から企業に医師を置いているというところも多く、産業医について規定人数よりも多く雇用するというところも少なくありません。専属ではなくても、内科、外科、精神科と、科の違う医師の嘱託を複数頼んでいて、従業員の健康管理を徹底しているという企業が多いのです。つまり、外資系に産業医の職場がかなりあるということです。

また国内の企業でも、海外の方を多く雇用しているという企業が多くなっており、国内企業もグローバル化が推進されています。大手企業ほど、海外の従業員が多いというイメージもありますね。企業によっては企業内日本語禁止、英語のみで話しなさいという企業も出てきています。英会話がうまくできなければ、就職すらできないという企業だってあるのです。そんな中で、外国人の従業員が多い企業が産業医を雇用したいと思えば、やはり、英語力があるほうが望ましいということになります。

産業医の報酬を見ても、英語を話せるという場合には、通常の場合よりも年収が高くなっています。また、医師の中には、医療英会話などを習う医師も多くなっており、産業医の世界でも、英語を話せる、話せないということは報酬に結びつく、幅広い転職先を探せるということで注目されているようです。東京や神奈川、千葉などの都心部では、英語力がある医師のほうが、雇用も圧倒的に有利ですし、よい職場を探せるといわれています。

健康面での相談を受けることも多い産業医ですから、医療関連英語を理解しておく必要がありますね。さまざまな知識が必要な産業医ですが、これから先は、英語もしっかり理解できることがさらに求められていくことでしょう。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp