産業医は不足しているの?

産業医は不足しているの?

産業医の数からみると、医師の数から考えて、医師免許を持っている人の1/4が取得しているという計算になります。と考えると、かなり人数的には多いと感じますよね。でも、医療業界からみると産業医が不足しているといわれているのですね。なぜでしょう? 医師などからきくと、産業医として企業へ選任されたいと思っていても、なかなか選任先がないという話も聞きます。

専属産業医という立場では、専属で働きたいという医師が多いのに比べて、やはりその数は少ないようです。ただ食卓での働き方によって、産業医が足りていないという考え方になるようです。

嘱託の場合、月に1回、また企業によって週に1回など選任の医師にきてもらい、健康に関する相談や検診、労働環境を改善するなどの取り組みを行っています。でも、この嘱託で企業へ出向く医師というのは、勤務医や開業医です。勤務医や開業医は、患者さんを抱えています。月1回、企業で出向く約束のその日に、患者さんの容態が悪くなってしまうということもあります。また多忙でどうしても行くことができないというときもあるでしょう。

こういう状態によって、産業医が不足しているといわれている場合もあります。こうした状態を何とかしたいということで、これまで常勤の産業医としていたものを、非常勤、つまり、アルバイト的な立場で産業医に来てもらうということを企業側が行うようになっています。産業医にとっては、アルバイトという立場ですから、常勤の時よりも融通がきくようになります。

嘱託、非常勤というアルバイト的立場での産業医の場合、午前中2時間程度の時間で4万円から5万円くらいです。企業側としては、産業医に来てもらわなければならないので、待遇をよくしてできる限り企業へ来てもらい、働く人たちの健康を積極的に守っていこうという気持ちが強くなっているようです。

また都市部には企業がたくさんあり、専属が必要な企業などが多くあります。大企業が多いため、専属産業医も嘱託産業医も好条件で働けるところが多い状況です。ですから、産業医が不足している状態といわれてもなるほどと思います。しかし逆に、地方に行くと企業が少ないために、産業医の選任先が少なく、嘱託でも専属でも産業医として働きたいという医師があまっている状態だとも言われています。全体的には多く感じる産業医ですが、都市部、地方によって地域格差もあるということでしょう。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp