社員と面談する際の産業医としての心得は?

社員と面談する際の産業医としての心得は?

産業医としての仕事は多岐にわたります。職場での定期巡視を行うということもそうですが、働く場所としてよい環境となっているかどうかを確認し、維持、改善をするためのアドバイスや、労働衛生教育などについてもアドバイスを行います。また定期健康診断の結果をチェックし、そのあと、診断によってチェックされた項目について従業員と面談を行う場合もあります。ここ数年は、過重労働者に対する面談も、産業医として強化されるべき事柄として挙げられています。

また、過重労働者以外でも、休職されていた従業員が復職する場合の面談、健康に関することでも面談や相談を行います。さらにメンタルヘルスに関する相談なども積極的に受けていくのが、産業医としての務めです。こうして考えてみると、健康管理という上で欠かせないのが、「面談」であるということがわかりますね。

この面談ですが、いくつか種類がありますね。まず、定期健康診断の結果をチェックした後に行われる面談、アドバイスなどです。健康診断を行ったら、産業医にチェックしてもらい、個人結果表にコメントを書いてもらうなどを行うのですが、場合によっては面談などを行って業務においてのことや、健康管理についてのアドバイスを行うこともあります。企業によっては、こうした面談にかなり力を注いでいるというところも少なくありません。

実際に産業医と面談を行ったことで、現在の業務がその方に合っていない、無理があるなどの判断につながるということもあります。過重労働者に対する面談は、どの産業医もしっかり行うべき重要事項です。 過重労働となっている状況では、目には見えなくても、心臓や脳などの疾患やメンタル的な深い問題を抱えていることも少なくありません。こうした過重労働の面談やそのほかの面談で、産業医として気をつけなければならない点は、面談を受ける人の話をしっかり聞くという点です。誰にも言えずにいた悩みや対人関係の問題などは、なかなか話ができないことも多く、切り出すのに時間がかかる場合もあります。話を聞くことで、その人が抱えている問題や体の状況が深刻なものであるかどうかということも分かってきます。

メンタル面での問題というのは、こうした面談によって明らかになることも多く、慎重に対処しなければならない問題です。追い込まれた状況にある人にとっては、産業医が一番のサポート役になるはずですから、話をじっくり聞き、産業医としてどう対処していくべきかを内面を考慮しながら行っていく必要があります。人の心の問題を扱う場合にはやはり精神科の分野が関わってくることも多く、こうした問題もあることから、産業医に精神科の経験を持つ医師を・・という企業が多くなっているのでしょう。面談によって身体面以外、精神的な問題をしっかり解決に結びつけることができるよう、心がけておく必要があります。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp