海外の産業医事情は?

海外の産業医事情は?

日本と同じように、海外の企業でも、職場での健康管理を計画、管理、監督、実施する専門職の方々がいます。アメリカを例に挙げて、企業における健康管理専門職について、ご紹介していきましょう。アメリカの場合、健康管理専門職には、業務の範囲が法律で定められているため、企業側もこれを考慮して雇用しなければなりません。日本のように、産業医が企業に雇用されるということではなく、それぞれ専門分野に分かれているということです。

アメリカでは、医師、医療補助者、看護師や専門看護師が国や州の審査委員会をパスし、さらに個々の州における資格取得のため、個別の専門に従って特化されているカリキュラムの標準教育を受けることになります。標準教育を受けたら、さらに追加的教育を受け、経験を経て、労働医学、産業看護、といった実務ができる資格を得ることができます。この中で、アメリカにおける産業医とは、医師、もしくは整骨医であり、産業医学に関する追加的教育を受けたもの、また現場で産業医学についての実施経験を積んだものとアされています。研修医という形で、産業医学の追加的な教育を受けてさらに経験を積んで、厳しい基準をクリアした医師だけが、アメリカ予防医学審議会の労働医学に関する試験を受けることができ、これに合格してやっと、産業医という資格を得ることができます。

日本の場合も、医師になりたくさんの研修をうけて単位をためていき、習得単位をクリアしたものだけが、産業医として資格を得ることができますね。アメリカも、こうした産業医の基準がとても厳しいということがわかります。また、産業看護師に関しても厳しい基準があります。

産業看護師は、産業保健について経験を積んで追加的教育を受けて登録された専門看護師と呼ばれます。有資格の産業看護師は、経験と厳しい教育を積み、基準をクリアしてやっと産業看護師試験を受けることができます。その産業看護師試験に合格し、アメリカ産業看護師審議会の資格認定を受け、やっと!産業看護師になるという仕組みです。

企業の中で、健康管理を行う、たくさんの人数の健康を守るという役割を持つ産業医は、日本でも海外でも、その役割や責任は大きいと考えられているのですね。経験、実績、そして産業医としての高い知識、特別な知識を持ってそれを活かせる人材となってこそ、産業医として企業にかかわることができるというイメージです。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp