産業医も時間外労働あるの?

産業医も時間外労働あるの?

医師というと、開業医でも勤務医でもかなりの拘束時間があり、まともに時間外労働なんて考えていると仕事なんてできないよという医師も多いです。自分の仕事が終わって自宅へ帰宅していても、担当患者さんの容態が急変となればいち早く駆けつける必要もあります。だからこそ、医師は病院のそばの寮などに暮らしていることが多いですし、最近は、担当制を全くとらず、様態が急変となっても当直医師が担当するという体制をとっている場合もあります。こうでもしないと、医師の激務がどうにもならないからです。でも現状は、そうした体制をとっていても、よく見てきた患者さんが危ない状態となれば、身に行かないということもできず、結局病院に行っている医師が多いということが現状です。

人の命を扱う人たちですから、当然のことながらこうした拘束時間の長さや、24時間呼び出しがあるという状態になるのも仕方のないことと考える人もいます。でも、こうした激務となることで、離婚率が高かったり、医師事態が健康管理ができないということも少なくありません。医師が慢性的に不足しているという状態なので仕方がないといったらそれまでですが、やはり、常に24時間緊張した状態でいるというのは厳しいものがあるでしょう。産婦人科の医師が急激に減ってしまったという背景にも、24時間拘束と同じ勤務状態があるからだと思います。

では人気の産業医は?というと、専属の場合、その専属となった企業の勤務時間に沿って働くということになります。最近はメンタルケアなどに力を入れている企業も多いため、勤務時間が過ぎてから医師に精神面などでの相談をしにくる従業員も多くなっていますが、昼休みにそういった時間を設けたり、時間内でも曜日によってそうした相談を受けたりということで、定時内で勤務を終えるということが多いようです。多くの従業員の健康管理を行い、働く環境改善にも力を注ぐという意味で通常の治療とはまた違う責任がありますが、拘束時間が長くいつ呼び出されてもおかしくないという状況の開業医や勤務医と比べると、やはり、残業はほとんどありませんし拘束時間も長くありませんから、精神的ふたが少ない業務といっていいでしょう。こうした面があるからこそ、産業医は医師の中でも、かなり人気の業務となっているのだと感じます。

残業することが当たり前という医師の世界で、夕方6時には無罪放免という産業医。残業時間数などを考えてしまうと、また更に、産業医の人気は高くなっていくでしょうね。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp