産業医は儲かりますか?

産業医は儲かりますか?

医師のおよそ1/4が、産業医の資格を取得しているという現状を見ると、産業医というのはかなり待遇のいいおいしい仕事なのか?と思う方も多いと思います。嘱託にしても専属にしても、よい企業につけばとても好条件になるということもよく聞きます。なぜ、産業医は勤務医などよりも儲かるといわれるのでしょうか。

勤務医や開業医の年収を見てみると、その医師にもよりますが、開業医の平均的な年収を東京で見てみると、月平均60万円くらい。年収でいくと750万円くらいと、びっくりするほど安いと感じます。中には、有名な医師で年収1000万円以上を稼ぐという医師もいますが、ほんの一部です。なぜここまで年収が低くなるか?というと、開業医の場合、人を雇ったり、機材を購入したりと、必要経費が多いのです。となると、そう自分の給料を高くすることはできません。

では勤務医は?というと、一般的に1200万から1500万といわれています。開業医のように人件費や機材購入費用などが全く必要がなく、いわゆる医師の中のサラリーマンです。医師も20代という場合、それほど高くなく、特に勤務医は研修期間等もありますから、普通のサラリーマンくらいの月収で激務をこなすということもあります。経験を積み昇給し、それからだんだんと年収も上がっていきます。

大学病院の場合、国立よりも私立系のほうが勤務医の年収も高くなります。大学病院の場合、研究費などに回す経費というもありますので、年収が低い傾向にあるようです。また、勤務医でも脳外科、整形外科、外科、内科など、科によって年収に大きな差が出るといわれています。

さて・・・こうした勤務医の皆さん、開業医の皆さんともに共通しているのが、激務ということですね。開業医の場合、働き方を自分で調整できるというメリットがありますから、激務でない場合もありますが。勤務医の場合、かなりの激務になり残業が当たり前のことになっている医師がほとんどです。産業医は?というと、専属となれば、企業と同じように朝8時30分くらいから夕方16時くらいまで働き、その後はなにもなければ帰宅ということになります。つまり、一番サラリーマン的部分が大きいと感じます。

嘱託の場合、月1回、週1回など企業で定め依頼された日数、午前中の2時間3時間企業へ行き、産業医としての仕事をこなし1回4万から5万です。もしこうした嘱託で月1回でも、企業4社から依頼を受けていたら、4万×4社で、アルバイト的に働いて月16万円の報酬となります。ただ、産業医の場合、勤務医とは違い昇給などはほとんどありません。一般的に専属で1000万円くらいといわれていますが、それ以上上がるということは珍しいようです。

大企業等の大人数の労働者の健康を管理するという大きな責務がある産業医ですが、昇給がなくても激務ではない分、儲かっていると感じる医師は多いんじゃないでしょうか。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp