産業医の規定にはどういったものがあるの?

産業医の規定にはどういったものがあるの?

産業医は、企業で働く人たちが快適な作業環境のもと仕事ができるように医師という専門的立場にある人が指導や助言を行います。勿論、働いている人たちの健康状態を健康診断等をとおし把握するということ、また体や心の相談にのっていくということも業務の一つです。労働衛生に関する専門的知識を持ち、働く人たちの労働における健康障害についての予防も行います。

産業医は譲二50人以上の労働者を使用するに至って14日以内に選任しなければならないという規定があります。また選任した産業医は、所轄労働基準監督署長へ届けてを行う義務もあります。産業医を選任する規定は、従業員の人数、また企業の事業内容によって違いがあります。

産業医の規定された法廷業務としては以下のものがあります。まずは職務です。●健康診断および面接指導等の実施並びにこれらの結果に基づく労働者の健康を保持するための措置に関すること。●作業環境維持管理に関すること。●作業管理に関すること ●以上に掲げるもののほか労働者の健康管理に関すること。●健康教育・健康相談そのほか労働者の健康保持推進を図るための措置に関すること。●衛生教育に関すること。●労働者の健康紹介の原因調査及び再発防止のための措置に関すること。となっています。

産業医は、こうした職務を遂行するとともに、勧告も行います。職務によって健康診断等を行い、また、相談等を受けた場合などで、労働者の健康を確保する必要があると認知した場合、その事業者に対して労働者の健康管理等に関して必要な勧告を行うことができます。勧告を受けた事業者は、産業医の勧告を尊重しなければなりません。

このほか、統括安全衛生管理者に対しての勧告や指導、また助言を行います。この助言等を理由に、事業者が産業医を解任するなどのことはできません。

嘱託産業医は、少なくとも毎月1回、作業場を巡視すること、また巡視の際に衛生状態に有害の恐れがあるなどの場合には、労働者の健康を守るため、必要な措置を講じる必要がありますし、事業者は産業医が必要な措置を講じた場合それをなしえる権限を与える必要があります。この月1回の巡回は、嘱託産業医の必須業務です。また、過重労働者に関しての面談指導も必ず行わなくてはならない産業医に規定されたものです。こうした規定の中で、企業の中で働く人たちの健康管理を行い、その職務をしっかり遂行しなければなりません。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp