産業医になるには特別な資格が必要なの?

産業医になるには特別な資格が必要なの?

産業医学は、労働環境や作業条件、またそれに加えて働く人たちの健康とのかかわりを深く追求する医学です。職場では多くの人たちが長い時間を過ごします。その長い時間を過ごす職場においては環境や作業条件などが健康にかかわってきます。職業病や作業による疾患等、産業活動に関連する健康問題を取り扱う医学の一分野が、産業医学ということになります。産業医となるためには、医学の知識以外にも必要な知識がたくさんあります。

そのため、産業院なるためには、労働安全衛生法第13条第2項の規定に基づいた一定の要件を備えた医師である必要があるのです。労働安全衛生規則第14条第2項に掲げられているものが、産業医になるための一定要件となります。●労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する研修であって厚生労働大臣が定めるものを修了した者 ●医学の正規の課程であって産業医の養成等を行うことを目的とするものを設置している産業医科大学その他の大学であって厚生労働大臣が指定するものにおいて当該課程を修めて卒業した者であって、厚生労働大臣が定める実習を履修したもの ●労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験の区分が保健衛生であるもの ●学校教育法による大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、助教授又は常勤講師の職にあり、又はあった者 ●その他厚生労働大臣が定める者

このうちの、「一定の研修」というのは、日本医師会又は都道府県医師会開催の産業医研修、都市区医師会、大学医師会のほか一部公益法人等が都道府県医師会等と共同で開催する産業医研修、産業医科大学が開催する産業医学基本講座を指します。これらの一定の研修を受け、産業医となるための要件を満たしたものが、産業医として認められるということになります。一定の研修、つまり、産業医研修など医師会等が開催するものを受けるためにも、条件があります。

その条件とは日本医師会認定産業医制度に基づく「基礎研修会」をまず受講することが必要となるのでです。この基礎研修会で既定の単位数を取得することで、初めて認定産業医として資格を得ることができます。 単位数は 前期研修で14単位以上 基礎研修会・実地研修で10単位以上、合計50単位以上 後期研修で26単位以上 60分で1単位となりますが、産業研修において取得できる単位数はその研修によって違いがあります。更新制度もあり、日本医師会認定産業医制度に基づく認定産業医の場合、5年間で20単位を取得し、更新となります。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp