産業医にもリストラはあるの?

産業医にもリストラはあるの?

産業医の場合、働き方が二つあります。ひとつは専属、もうひとつは嘱託、いわばアルバイト的な雇用です。嘱託の場合も、アルバイトという形ではなく常勤としていることもありますが、ほとんどがアルバイト的な雇用となっています。

企業は従業員数によって専属の産業医が必要か、それとも嘱託でいいのかが決まります。50人以上の場合、業種を問うことなく1人の選任が必要となり、従業員数が3001人以上となる事業所の場合、2人以上の専属の産業医が必要となります。また3000人以下という場合でも、特定業務、つまり有害な業務を行う事業場の場合、500人以上になると専属の産業医が必要となります。

産業医が専属で配置されている企業においては、総括管理、健康管理、作業管理、作業環境管理、労働衛生教育などを行う立場にあります。この中で、たとえば従業員の中に業務を行う上で、健康上問題がある従業員がいれば、休職させることを事業者に伝えるということもあります。仮に、休職させたいと思う従業員を、雇用側が休職させたくないなどのことから、産業医をリストラしたいと考えても法律上、それはしてはならないことと決められています。

産業医の立場として、労働状況が悪い、働く環境が悪いとなれば、良くするために労働状況改善のための計画や実施などを行う場合もあり、事業主にとっては業務上だけで見れば面倒なことを行うとみられることもあるかと思います。こうした状況で産業医に不満を持つ事業主もいると思いますが、従業員の労働状況を良くするための計画、実施ですから、これを理由にリストラを行うということはできません。

産業医をほかの産業医にしたいとリストラする理由があるとすれば、たとえば嘱託であっても専属であっても、産業医として必要な業務ができていない場合に限るでしょう。たとえば、専属の場合、健康管理の計画をしっかり打ちたててくれない、事業者との連携をうまくとってくれないという場合や、嘱託の場合、勤務医としての仕事が忙しくなり、企業との約束の訪問日が全く守られないなどの場合です。専属の場合にはあまりリストラ対象となることも少ないかと思いますが、嘱託の場合、開業医や勤務医が月1回、また企業が依頼する週に1回などの約束で訪問していますから、その訪問ができないとなればリストラして新しい産業医に依頼するということもあると思います。いずれにしても、明確な理由がしっかりない場合、業務をしっかり行っているにもかかわらず、事業主が思うように行動してくれないなどの理由で解雇、リストラの対象とはなりません。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp