精神科出身の医師が産業医に向いてる?

精神科出身の医師が産業医に向いてる?

産業医の資格を取得して働きたいという医師はかなり多くなっています。法律によって、産業医を配置しなければならない企業は、週4日、5日程度の勤務で、年収1000万円で雇ってくれるのですから、開業医や勤務医として必死に残業をこなす医師にとって、産業医というのはとても魅力的な仕事だと思います。産業医になるためには、講習会を受講し、基礎研修会で単位を取得していくことが必要となります。講習会に出席し、要件を満たす面倒があっても、産業医として働きたいと願う人が多いのですから、やはり魅力的な職業として映るのでしょう。

産業医は嘱託と専属があります。嘱託の場合も専属の場合も、精神科の経験がある産業医は、かなり好まれているようです。なぜか?というと、産業医は、企業のメンタルヘルスなどを受け持つ立場にもあるからです。

健康管理、労働衛生管理、また体調を崩してしまった従業員への治療、流行している病気の把握など行う産業医は、通常の開業医や勤務医とはまた異なる業務内容を持っています。開業医や勤務医の場合、その方の生活環境や業務内容などを知る由もありませんから、たとえ治療の一環として聞いたとしても精神的な部分がベースになった治療を行うということはあまりありません。でも、産業医の場合、どういった状態で働いているか、その方の健康状態がどうなっていたかなどを、健康管理を行うものとして把握している立場にあります。つまり、体調管理とともに、精神的な状態を把握することもできる立場にあるということです。

近年、職場でのストレスが要因となった病気が多くなっています。職場で人間関係がうまくいかず大きなストレスを感じている、また大きな仕事に対する不安感が大きなストレスになっている、そのほかに、家庭でのストレスが原因で体に大きな変調をきたしているという場合もあります。胃や腸などに何かの症状が出ることもありますが、最近多くなっているのがうつ病です。自分では気がつかないうちに、うつの症状が起きてしまっているということも少なくありません。そんなとき、産業医として精神科の知識をもった医師がいるということは非常に心強いことなのです。

精神科の医師が産業医に向いているということもあると思いますが、企業のほうで産業医として精神科の経験がある人を選ぶことが多いのかも知れません。企業では、ストレスの軽減やうつの防止などがかなり深刻な状態になっているということですね。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp