専属産業医の最高報酬はいくら?

専属産業医の最高報酬はいくら?

専属産業医は、産業医として企業へ訪問して労働者の健康管理や労働環境の改善、また労働者の健康相談等行うのではなく、企業に属して専属で産業医としての業務を行う必要があります。1000人以上の労働者の場合、また、有害業務に常時500人以上の労働者を従事させるという場合、嘱託ではなく、専属の産業医が必要となります。専属の産業医の場合、企業で通常のサラリーマンと同じように、企業の就業規則に沿って働くということになりますから、企業の仕事とは別に勤務医として働くなどできなくなります。

専属産業医は勤務医や開業医と違う働き方になります。医師の平均年収は様々ですが、一般的に1200万から1500万といわれています。勤務医や開業医で、知名度の高い医師などは億に手が届く年収となる方もいます。また、大学病院勤務医でも、国立、県立、私立によっても年収に違いがあります。

勤務医で、私立大学病院勤務という場合、国立や県立の勤務医よりも年収が高いというのが一般的です。開業医の場合には、経営している科によっても大きな違いがありますが、やはり知名度の差、患者数の差などによってかなり幅があります。開業当初は機器導入の費用などを返済していくということもあり、なかなか年収は上がらないといいますが、経営が順調になれば、勤務医よりも高い年収となる場合もあります。

産業医の場合、勤務先によってその報酬も違いがあります。医師としての経験が豊富であり、また産業医としての知識、技術など優れた面があれば、年収も高いものとなっていく傾向にあるようです。平均して1000万円から1200万円といわれていますが、企業によっては産業医にそれ以上の年収を用意している場合もあります。最高水準で2000万円クラスもあるようです。

ただ、年収が1000万円以上であっても、勤務医のように経験や年数によって昇給があるというところは少なく、一定というところがほとんどです。常勤ということになれば、そのほかの医療業務は現実的にほとんどできない状態となりますが、仕事内容については産業医としての仕事が高度になっていくということはなく、法律に沿って業務を遂行していくということになります。業務に関しての昇給は望めない場合がほとんどですが、それでも、勤務医とは違い一定の時間で帰宅できる、残業が通常の医師とは違いあまりないということを考えてみると、産業医の平均的年収の1000万円から1200万円クラスでもかなりいい年収と考えていいのではないでしょうか。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp