専属産業医と嘱託産業医の違いはなに?

専属産業医と嘱託産業医の違いはなに?

人気があるといわれている産業医。企業で健康管理や職場環境改善などを行う医師のことです。産業医には、専属産業医と嘱託産業医があります。産業医の種類として資格的に専属産業医と嘱託産業医に違いがあるということはなく、働き方によって専属産業医と嘱託産業医があるということです。

50名以上の従業員を抱える企業では、1人の選任が必要になります。30001人を超える場合、2人の選任が必要になります。業務によって、また人数によっても選任される産業医の人数や依頼の仕方なども違いがありますが、このうち、専属で産業医を依頼する必要がある事業場があります。通常、50名から999名までは、嘱託という状態で産業医を依頼します。1000人以上となると、専属という状態で産業医を依頼することが必須となります。

専属産業医は、企業に属して企業の業務時間帯で働く産業医です。たとえば月曜日から金曜日まで8時30分から17時30分まで勤務するという形です。この企業の中で、労働者の健康管理、労働環境の改善、そのための計画、労働者からの健康相談、メンタルヘルスに関する相談等を行います。労働者の働く環境が良く理解できる立場で働く医師となりますから、より労働者の健康管理が明確にできるということになりますね。

嘱託産業医は、50名から999名という労働者がいる企業に選任されます。専属の場合、企業と同じ就業時間帯で働くことになりますが、嘱託の場合には、月1回、また企業によっては週1回などのペースでアルバイト的に働く雇用です。月1回企業に出向き、労働者の健康管理を行ったり、労働者からの健康相談を受けたりします。また、労働環境を改善する計画、実施に関して事業主と連携をとりながら実行していくなどの業務を行います。業務内容的には専属産業医と変わりませんが、常に企業に属しているという形ではなく、通常は勤務医や開業医として働き、約束の日、依頼のあった日に企業で働くという形になります。

専属産業医は希望する医師が多いのですが、こうした雇用が表に出るということが少なく、なかなか雇用先が見つかりにくいといわれています。嘱託産業医のほうが勤務も多いようです。最近は、こうした専属産業医や嘱託産業医への企業紹介などを行っているネット上の専門サイトなどもあり、以前よりは雇用先を探しやすくなったといわれるようになりました。専属にしても嘱託にしても、同じように、産業医の資格取得が必要となります。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp