専属産業医の平均年収は?

専属産業医の平均年収は?

医師の年収というのは様々です。勤務医でも腕が立ち、患者数が多いとなると昇給が望めますので収入は上がっていきます。知名度の高い名医ともなれば、億の年収となることもあります。開業医も、開業してからしばらくは機器類購入の返済等がありますし、雇用している看護師等への人件費等を考慮しなければならないことから、年収が低い時期もありますが、起動に乗り病院の知名度が上がっていけば、勤務医よりも年収がアップするということもあります。

勤務医の平均年収は1200万円から1500万円くらいといわれています。これより低い場合もありますし、これより高い場合もありますが、平均してこのくらいの年収がありますので、サラリーマンから比較すると弁護士同様、かなり高給取りです。ただ、働く時間がかなり長い、残業が多い、緊急での呼び出しもあるなど残業数を考えると、医師によっては全く見合わない年収になっていることもあり、一概に高給取りとは言えないかも知れません。

では専属産業医の平均年収は?というと、1000万円くらいから1200万円くらいといわれています。勤務医と比較すると落ちますが、勤務形態をみると、激務となる勤務医、開業医から比較して激務ではありません。専属産業医の場合、その企業に属して働く形態です。つまり、医師ではあっても企業の1サラリーマンということになります。

8時くらいから夕方5時くらいまで、残業があってもそれほどの数ではなく、サラリーマンと同じように帰宅します。夜間の呼び出しがあるということもなく、治療で帰宅できない日があるということもありません。企業内で労働者の健康診断を行い、しかるべき治療を進める、未病の状態で生活状況の改善を進めたり、事業主に労働条件の改善を進めたり、そのための書類作成を行うなど、激務ということはありません。労働者が多くなればなるほど、その多くの労働者の健康を支えているということに大きな責任がありますが、開業医や勤務医と比べると勤務形態には大きな差があります。でも、年収は1000万円前後ということですから、決して悪い条件ではないでしょう。

企業によっては産業医に対して1200万円から1500万円と、勤務医の平均年収クラスの年収を約束するところもあります。昇給等はないという企業がほとんどですが、年収を見ても、専属産業医になりたいという医師が多いということにうなずけます。特に、メンタルヘルスに強い精神科経験のある医師は、年収が高い傾向にあるようです。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp