嘱託産業医のメリットとデメリットは?

嘱託産業医のメリットとデメリットは?

最近多くなった産業医専門の転職や就職サイトで、専属産業医、嘱託産業医という言葉を見かけることがあると思います。専属産業医は企業に雇用され、その企業専属で労働環境の整備や改善、また労働者の健康についての管理等を行いますが、嘱託産業医は、非常勤という形態やアルバイトという形で産業医として働くことをいいます。日本国内では、専業産業医よりもこの嘱託産業医のほうがずっと多いといわれています。通常、業務委託契約を交わし、嘱託産業医として働きます。

嘱託産業医の場合、勤務医もしくは開業医であるか違いはあっても、自分の勤務がない時に、嘱託産業医としての業務を行っています。開業医の場合、自分のクリニック等の診療が休診日の時に、産業医として企業に出向き業務を行います。勤務医の場合、病院がお休みの際に、産業医として企業へ出向くという形になります。

毎月1回、職場巡回を行い、健康管理に対する講習を行ったり、労働者の相談にのります。また、メンタルヘルスに関しても近年は産業医に重要な業務となっています。

嘱託産業医のメリットとしては、自分の勤務、つまり本業以外に副業的に報酬を得ることができるという点です。勤務先から当然、医師としてのお給料が入ります。開業している方は、開業先で医師に対しての報酬があります。そのほかに、アルバイト的に雇用されている企業から、副収入的な報酬を得ることができるのです。

専業産業医の場合には、それが本業となりますから、収入はそれのみです。嘱託産業医の場合、たとえば勤務先で年収1200万円あり、嘱託産業医としての仕事があれば、そのほかにプラスとなります。1回の報酬が4万円くらいですから、月4回いけば16万円。1年で、大体200万円くらいの報酬になるということです。つまり、勤務医としての年収が1200万円プラス、嘱託医としての年収が200万円で、合計1400万円の年収ということになります。複数の嘱託産業医となっている医師も多いので、かなり割のいいアルバイトです。

デメリットとしては、自分が休みの日、休みの時間に仕事をしなければならないという点です。勤務医の場合、その本業がおろそかになるようでは困ります。開業医の場合も、開業されているクリニック等の仕事に支障があるというのでは困ります。二足、三足のわらじをはいているのと同じですから、果たす責務も大きくなるということです。

嘱託産業医として複数の企業と契約している場合、その企業ごとの性質をしっかり頭にたたき込み、産業医の業務をこなす必要もあります。多くの方の健康を守り、企業の労働環境に貢献していく必要がありますから、本業も副業も手を抜くわけにいかないという大きな責任を持つことになります。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp