産業医の研修ってどんなことするの?

産業医の研修ってどんなことするの?

産業医として働くためには、一定の要件を満たすための研修に参加し、単位を取得していく必要があります。研修の単位取得の流れを記すと、基礎研修を50単位取得しその後、新規申請手続きを行います。認定機関の5年間内で障害研修20単位以上を取得し修了。5年単位で更新申請手続きを行います。

産業医は、通常の医師の仕事の範囲にはない仕事が含まれています。企業に関する健康管理の問題や、メンタルヘルスに関する問題、事業環境の整備などです。これらの知識と技術をしっかり身につけるために、産業医の研修が行われます。産業医の研修を行うことで、医師は企業において明確な立場のうえで働くことができるようになるのです。

基礎研修では、産業医としての活動を行うため必要な基本的知識や技術を取得します。研修は、日本医師会、都道府県医師会で実施され、実施については日本医師会雑誌や日医ニュースなどに掲載されています。東京都内で行われる基礎研修に関しては、都医ニュースもしくは東京都医師会ホームページにて掲載されています。

基礎研修、50単位の内容は様々なものがあります。前期基礎研修会では、14単位の取得を行いますが、通常、2日間の講習によって14単位取得となる研修がほとんどとなっています。前期内容は、 総論2単位 健康管理2単位 メンタルヘルス1単位 健康保持増進1単位 作業環境管理2単位 作業管理2単位 有害業務管理2単位 産業医活動の実際2単位 となっています。

このほかに、職場巡視などを行う実施研修、環境測定実習、実務的実習などに10単位あります。さらに地位の特性を考慮した実務的、専門的、総括的な後期研修で26単位。前期・実施・後期の研修の順序は関係なく、どの順番でうけても大丈夫です。

これで50単位の基礎研修が終わります。この基礎研修が終わったら認定産業医の商号の申請手続きを行います。申請を行うと審査があります。申請者が確かに基礎研修受講を行っているかどうかを都道府県医師会長が確認、審査し、日本医師会長に推薦をします。それから登録という形になります。

単位取得に関しては便利な産業医学研修手帳があります。特にこの手帳を取得しなくても研修会の受講はできますが、どの単位を取得したのかが明確にわかるので、利用する医師も多いようです。産業医学研修手帳は都道府県医師会、東京都内勤務の医師は東京都医師会から交付されます。受講習得単位に押印、またシールなどを貼って証明してくれるものです。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp