産業医の待遇はいいのか?

産業医の待遇はいいのか?

医師は激務であるというのは、患者となる一般の方々にもよく知られていることです。医師ではなくても、医療関係者というと、かなり忙しく、自分の時間など全く取れないという印象があります。以前は確かに看護師にしても医師にしても、残業が多く、家庭があっても顧みることができないほどに忙しいという方も多かったと思います。現在も、かなりの激務となっている医師、看護師は多いのですが、以前よりは働きやすくなってきているかな?と思います。

勤務医の場合、一応働く時間等は決められていますが、急患が入れば対応しなければなりませんし、担当患者さんの状態によってはなかなかしっかり休息することができないということもあるでしょう。看護師にしても、病院などによってはかなり激務となることもありますが、最近は入院専門、外来専門、夜勤なしなどの条件付きで働く雇用も多くなり、以前よりはいい環境となっていると思います。

では産業医はどうでしょう? 給与としては一般的に1000万円から1200万円くらいといわれています。勤務医も1200万円くらいからという給料が一般的だとされていますから、残業なし、定刻で自宅に帰宅できる、自分のスケジュールをたてることができるなど、魅力的な部分はたくさんあります。実際に、勤務医の方が産業医になりたいという希望を持っているからこそ、医師免許取得者の1/4という人たちが、産業医の資格を取得するのでしょう。

嘱託での産業医の場合、最低月1回程度、企業へ出向き産業医として働きます。勤務医から見たら、アルバイト的なイメージです。この嘱託産業医の場合、月1回が大体2時間程度、報酬が4万円から5万円、つまり時給2万円というものなので、かなりいいアルバイトになります。企業の方としては、法律によって規定されていることですから、当然、こうした月1回、産業医を利用するということをしなければなりませんから、依頼は必須です。中にはいくつか嘱託の依頼をこなし、かなりの報酬を得ているという医師も少なくありません。

専属産業医になった場合、経験や年齢等にもよりますが、20代でも年収800万円ほどもらえることが一般的なので、かなりいい報酬となります。勤務医の場合、年齢を重ね、経験をしっかり重ねていくことで病院等で昇給があります。外科などで腕もよくうまく昇進していくと2000万円以上の年収という方もすくなくありませんから、昇給という部分を考えると、勤務医の方が魅力的なのかもしれません。

専属の産業医の場合、嘱託なのか専属なのかによってもその待遇が変わります。厳しく競争率の高い勤務医という立場にいるか、それとも安定して高収入の産業医と選ぶか。専属の産業医の民間企業からの待遇を見ても、そのほかの職業とは比べ物にならないほど、よいものじゃないかあ?と思います。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp