産業医の人数は全国でどれくらいいるの?

産業医の人数は全国でどれくらいいるの?

産業医は、労働安全衛生法の制定によって、事業場における医師の選任が定められたものですが、それ以前にも工場医という形でありました。工場医はこう情報に基づく工場医の選任と、労働基準法に基づく医師である衛生管理者の選任が、もともと定められていたのです。

それから1972年に労働安全衛生法が制定となりました。労働安全衛生法が制定されたとき、工場等へ医師を選任する場合の専門的立場を明確にするという目的で、工場医という名前から産業医という名前に変わったのです。工場医から産業医に変わり、選任された産業医の立場が明確になりました。産業医は企業等で働く人々の健康管理等を行うのとともに、事業主や総括安全衛生管理者に対し、指導助言を行うための専門家という立場で活動するということが制定されました。

工場医の時にはあいまいで、どういった立場で企業の中にいるのかということが明確にされていませんでしたが、労働安全衛生法の制定とともに、立場、また産業医として企業内で行っていくことが明確にされたのです。

1996年になると、企業等での重篤な疾患、たとえば脳や心臓など死につながる恐れのある病気の所見を有する労働者が増加したこと、さらには、業務を行っていく上で、職場で精神的にかなりのダメージを受ける労働者が増加、こうした労働者の状況を踏まえて「労働者の健康管理等を行うために必要な医学に関する知識」に関して、一定の要件を備えた医師でなくてはならないという法律改正がありました。ここから、産業医になるためには、一定の要件を兼ね備えた資格者でなければならないという現在の産業医の資格取得へつながってきたのです。日本医師会認定による産業医の資格制度の開始です。

現在は、この日本医師会認定産業医の資格を取得した医師のみが、産業医という肩書のもと、企業において専属、嘱託等、制定された法律に基づいて活動ができるようになったのです。さて・・日本における産業医の有資格者数ですが、大体8万人前後といわれています。日本国内で医師と呼ばれる人は歯科医師を含めて35万人くらいといわれています。歯科医師を除けば25万人。3割から4割くらいの医師たちが、産業医の資格を取得しているということになります。これはかなりの率ですよね。

でも、都市部では専属や嘱託の産業医となりたくても、都市部ではなかなか見つからない、逆に、地方では企業が少ないために産業医があまってしまうという状態になっているんです。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp