産業医の具体的な業務内容は?

産業医の具体的な業務内容は?

産業医は通常の医師とは職務内容が違います。まずは、企業で働く人たちの健康診断、またその結果に基づく措置があります。健康診断を行い、その結果、何か異常がある、変調があるという場合には、足検査を行うなどして診断をします。また、働く人たちから健康上の相談を受けたり、その方の体にとって良い方向になるように指導なども行います。その結果を管理しておくことは重要な産業医の仕事です。

産業医はその企業で行われている業務の管理などにも関わります。有害業務を行っているという事業場の場合、その作業が適正に行われているか、また利用している産業機器が人体にとって適正なものなのか、さらには労働時間が健康を害するような時間となっていないかなどを確認します。もし、問題がある場合には、医学的に助言や指導なども行います。

働く人たちの健康管理をどう行っていくかということも大切な仕事です。業務時間にとどまらず、そのほかのプライベートな時間での健康管理に関しての助言、指導も必要となります。有害業務を扱っているという企業であれば、有害性の調査を行い結果に基づく措置も行います。働く方々に健康管理についての企画をし、計画、立案を行い実際に健康管理に役立てていきます。

働く人たちに健康について、ある程度の知識を持ってもらうための講習なども行います。救急措置やけがをしたときの措置、また高い熱を出した場合の措置など過程でも活かせる措置を学んでもあるための講習などです。こうした病気やけがなどについてある程度の知識を持ってもらうことは、家庭においてもご家族の健康を守る手段ともなります。

衛生教育も欠かせません。たとえば、インフルエンザが流行する前に、手洗いうがいの実行など、企業内、家庭でも実行してもらいたい衛生教育です。また、体に変調がある方がどのくらいいるか、その調査と、再発防止に対する措置なども検討します。

過重労働によるけ交渉がい防止対策として、脳や心血管障害リスクを把握するということもこれから先、産業医の大きな役割になっていくでしょう。そのほかに、企業で働く人たちのメンタルヘルス面のチェック強化、ストレスから来る体への影響に対する措置なども、産業医として考慮しなければならない点です。もちろん、保健師や衛生管理者との連携、ヘルスケアトレーナーとの連携など、医師だけではなくそのほかの資格者たちとの連携によって事業場で働く人たちの健康管理を行っていくということも、大切な産業医の役割となります。

産業医の求人を探すなら「リクルートドクターズキャリア」

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国

© 2012-2017 産業医.jp