産業医の採用事情をお探しの方へ

産業医として採用されるために

産業医として採用されるには、いくつかの条件を満たしている必要があります。医師免許があれば、すぐに産業医として働けるわけではありません。満たす必要のある条件は、産業医研修の履修です。研修制度は、日本医師会が主催していますので、研修を受講し厚生労働省の定める要件を満たして初めてこの分野の仕事に就くことができるようになります。研修内容は、実地研修が中心で所定の単位を修了する必要があります。認定基準を満たすためには、合計で50単位以上の過程を受講します。そのための時間を確保するのが必要になるため、新たに目指す人にとっては高いハードルになります。

最短で資格を取得するには、産業医科大学が近道です。卒業後は産業医として働けるようになりますが、それでも常に新たな知識を蓄えていく必要があり、向学心旺盛な人に向いている職業といえるでしょう。資格を満たしたなら、次は採用に向けた活動を行ないます。労働法では、50人以上の労働者を有する事業所は産業医を指定する必要があり、大規模事業所では医師を雇用する必要があります。前者の場合、嘱託での勤務や個人事務所を設立するなどしていくつかの法人の顧問を務めるケースが一般的です。後者の場合は、企業の社員として雇用されます。企業が定める福利厚生の恩恵を受けられるといったメリットがあります。

仕事探しは、紹介や求人情報サービスを利用する方法があります。紹介は、もっとも手っ取り早い方法で、定年などを理由に退職する医師の代わりに勤務するようになります。求人情報サービスを利用する場合、この分野での求人が意外にも少ないため、大変だと感じるかもしれません。全く採用がないわけではありませんが、一般向けに公開されている求人案件は少ないのが実情です。やはり、紹介が多数を占めています。しかしながら、求人を見つけやすくする方法があります。それは、転職エージェントサービスの利用です。

転職エージェントサービスとは、求人情報サービス企業が提供する転職サポートのことを指します。企業との太いパイプを持ち、非公開求人などの情報も入手しています。一般向けに公開されない情報を得られるので、採用までの期間を短縮できるというメリットがあります。転職エージェントたちは、企業からの求人情報をこまめにチェックするだけでなく、企業側とのコミュニケーションを通して信頼関係を積み上げています。非公開求人情報が得られるのはそのためです。転職エージェントは、採用後のアフターフォローも行なってくれるので安心して転職活動ができます。

産業医の募集情報を探すならこのエージェント!

ランキング 1位
サービス名 リクルートドクターズキャリア
会社名 株式会社リクルートドクターズキャリア
エリア 全国
リクルートドクターズキャリア
  • <<リクルートドクターズキャリアの良い所>>
  • プライバシーマークを取得しているので個人情報の取り扱いは徹底管理されています。
  • リクルートグル―プの運営だから実績と信用でトップクラスの求人数10,000件が常時あります。
  • 厚生労働大臣の認可を取得している企業なので募集のある施設も安心感があります。
  • ■公開している倍の非公開求人があるので、高条件の転職が可能となります。
  • ■煩わしい履歴書や職務経歴書の書き方も医療用にアドバイスをもらえるので頼りになります。
  • ■サイトでは「今すぐ使える医療英会話」や「転職ポイント」など有益なサービスを提供しています。
  • ■医師に特化した転職紹介サービスを開始して30年以上の実績が転職の成功を裏付けます。
  • ■今までの経験や希望条件に合わせて10,000件以上の求人から探すので確かなマッチングができます。
リクルートドクターズキャリア申込み
ランキング 2位
サービス名 エムスリーキャリアエージェント
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エリア 全国
  • <<エムスリーキャリアの良い所>>
  • エムスリーキャリアなら登録後最短2週間で入職が可能なので急ぎの転職も理想どおり。
  • ■コンサルタントの交渉力が高いから、希望以上の条件にたどりつきやすい。
  • ■公開求人だけでなく登録すれば優先的に紹介してくれる高条件の非公開求人を数多くあります。
  • 医師の登録数が20万人以上と多く、3か月連続で登録数第1位を記録しています。
  • ■忙しい医師に合わせて面談は家や仕事場など希望の場所を設定してれます。
  • ■年収アップや60歳以上という条件でも特徴別に求人が探せるからわがまま転職ができます。
  • ソニーグループが運営しているから情報が豊富で求人数も多いので仕事が見つかりやすいです。
  • ■時間の制限があるママさん医師の登録者も多く、当直や残業なしでも探せます。
エムスリーキャリア申込み

© 2012-2017 産業医.jp